Rio Blog

世界を生き抜くためのライフハックブログ

【海外生活】セブ島の僕が住んでいる家を紹介する【現地採用のリアル】

f:id:rio-log:20190103191446p:plain

「東南アジアへの移住したい」
「フィリピンで働いてみたい」
現地採用の人ってどんなところに住んでるの?」

こういった考えを持つ人に向けて、僕が住んでいる家を紹介します。

セブ島現地採用として働いてます

まずは、僕の背景とか状況について簡単にシェアします。

フィリピン第二の都市・セブ島で、日系企業現地採用として働いています。
給与は約15万円で、現地採用の日本人としては平均〜ちょい上かと思います。

生活費についてはこちらに詳しく書いていますので、併せてお読みください。

rio-log.hatenablog.jp

コンドミニアム

次に僕が住んでいるコンドミニアムについてです。

コンドミニアムってのは、日本で言うマンションみたいなものですね。Mantionって本来は「大邸宅」という意味で、コンドミニアムやアパートメントが、日本で言うマンションに相当します。

家賃

1万5千ペソ(約3万円)

高くもなく、安くもなくといったところでしょうか。

会社が負担してくれているので、僕は支払っていません。

部屋

f:id:rio-log:20181216200922j:plain

家具家電付きのワンルームタイプです。

外国では家具家電付きが一般的ですね。

キッチンはありますが、ガスコンロはついていません。カセットコンロやIHクッキングヒーターを購入すれば、火を使った料理も可能です。

水回りに関してですが、浴槽はなく、シャワーのみ。水圧・水量は問題なしです。トイレが詰まったといったトラブルは、2年間で1度だけ。

その他設備

f:id:rio-log:20181216200302j:plain

f:id:rio-log:20181216200430j:plain

こちらは入居者が無料で利用できるプールとトレーニングルームです。大きくはありませんが、無料ということを考えれば十分です。

1階にはコンビニ(売店)がありますので、飲料水やお菓子、トイレットペーパーなど、最低限の生活雑貨は購入することができます。

周辺環境

アヤラモールというセブの中心部にある巨大なショッピングセンターから、徒歩で15分ほどのところです。徒歩5分圏内に、スーパー、パン屋、カフェ、韓国系のコンビニなどがあります。ただし、レストランなどの食事をできる場所があまり無く、そこは少々不便です。

治安の面では、仕事終わりや、飲んだ帰りなど夜遅くに一人で歩いたことは何度もありますが、1度も危険な目にあったことはありません。なので、それほど心配しなくても大丈夫かと。 

おわりに

なんとなく現地採用の生活水準がイメージできましたでしょうか?

ちなみに、家のグレードを…

  • 上げる → 部屋が広くなり、プールやジムなどの設備も立派になる。
  • 下げる → シャワーが水のみになったり、衛生面・セキュリティが低下する。

という感じですね。

海外生活・海外就職に興味がある方の参考になれば幸いです。