Rio Blog

世界を生き抜くためのライフハックブログ

【海外生活】セブ島の僕が住んでいる家を紹介する②【フィリピン】

f:id:rio-log:20210411125359p:plain

セブ市内で別なコンドミニアムに引っ越しました。

部屋が少し広くなり、ジムなどの施設もグレードアップです。

海外就職や移住に興味がある方など、ぜひ参考にしてください。

引越し前の家はこちら

rio-log.hatenablog.jp

ざっくり言うと、家賃15,000ペソ(約34,000円)のワンルームでした。

ちなみに引っ越しを決意した理由は以下の通り。

  • 3年くらい住んで飽きた。
  • オフィスやジムの近くに住みたかった。
  • 部屋が狭くて不便に感じることがあった。

新居はこちら

引っ越し先について様々な面から紹介していきますね。

家賃

15,000ペソ (約34,000円)

コロナ禍の影響で不動産価格は下がっています。以前は25,000ペソ(約56,000円)で貸し出していたそうですが、交渉してかなり安く借りることができました。部屋のグレードや立地を考慮するとなかなかお得です。

 

物件探しや引っ越しに関しては、下記の記事を参考にしてください! 

rio-log.hatenablog.jp

 

部屋

広さは約30平方メートルのワンルームです。

ちなみに、ワンルームは英語ではスタジオタイプスタジオユニットといいます。必ずしも狭いわけではなく、広いスタジオもあります。複数の部屋があるタイプは、1ベッドルームや2ベッドルームといって、1ベッドルームであれば、リビングルームとは別に寝室等の用途に使える部屋が1部屋あるということです。

たまに女性が来ることはありますが、基本的に一人暮らしなので、このくらいの部屋で十分です。キッチン、テーブル、ベッドは以前の部屋よりも大きくなり、何をするにもストレスが減りました。

洗濯機はないですが、ランドリーショップを利用する生活に慣れているので、そもそも不要です。週に1,2回近くのランドリーショップに持っていけば、翌日もしくは数日後に受け取ることができます。

ジム 

f:id:rio-log:20210723093956j:plain

いくつかのコンドを内見しましたが、僕の引越し先が一番充実しています。

ベンチとスミスマシン、ダンベル、ラットプルマシンなどがあるので、基本的なトレーニングは問題ありません。スミスマシンのプレートが少ないですけど、許容範囲です。Anytime Fitnessを契約していて、歩いていける距離にありますし。

プール

f:id:rio-log:20210510191821j:plain

屋上にきれいなプールがあるので、天気のいい休日に利用しています。

周辺環境

某ショッピングモールが近く、買い物には不便しません。

タクシーを捕まえるのも簡単で、治安も問題なさそうです。

おわりに

以上、新居の紹介でした。

今は気軽に海外旅行や留学などができる状況ではないですが、少しでも東南アジアやフィリピンの生活に興味がある方の参考になれば嬉しいです。

ブログのネタを募集中ですので、何か知りたい情報や行ってみてほしい場所などがあれば、ぜひコメント欄やTwitterでメッセージをください!