Rio Blog

世界を生き抜くためのライフハックブログ

【フィリピン・シャルガオ】サーフレッスンについて【マンツーマン / 格安】

f:id:rio-log:20191024110741p:plain

「サーフィンをやってみたいけど、どうやって始めたらいいかわからない」「シャルガオ島でサーフレッスンが受けられるって聞いたけど?」「料金とか持ち物について知りたい」

こういった疑問や要望にお答えします。

シャルガオ島とは?

f:id:rio-log:20191026132337j:plain

フィリピンの南西部に位置する島で、サーフィンの聖地として有名です。

リゾートや語学留学先として知られるセブ島からは飛行機で1時間です。 

rio-log.hatenablog.jp

こちらの記事にもまとめています。

サーフレッスン

f:id:rio-log:20191026132325j:plain

シャルガオ島に初めていく方や、サーフィン初心者の方に向けて、サーフレッスンの流れや料金について解説します。ちなみに英語が苦手でも全然大丈夫ですよ!

1. インストラクターを探す

Cloud9 / クラウド9と呼ばれる有名なサーフポイントがあります。そこらへんを歩いていると「サーフィン?」と声をかけてくるフィリピン人がいますが、彼らがインストラクターです。

宿泊しているホテルやドミトリーでも、インストラクターの斡旋やボードレンタルをしていることが多いです。受付で「サーフィンしたいんだけど?」と聞いてみましょう。 

2. 料金確認 / 予約をする

インストラクターを見つけたら、事前にしっかりと料金を確認しておきましょう。

相場は1時間500ペソ(ボードレンタル込み)で、最低2時間という条件がつく場合もあります(つまりは1000ペソ=2000円程度)。

その他にも、Cloud9の桟橋の利用料(50ペソ)ロッカー代(50ペソ?)などが必要になるケースもあります。

こちらがきちんと確認しないと、相手は何も言わず、レッスン終了後に請求されることがあるので、 少額ではありますが、事前に確認しておいた方がお互いのためです。 

金額が合意できたら、日時を決めましょう。

「明日の朝7時に、ホテルの入口で待ち合わせ」という感じです。電話番号やSNSを交換して、テキストでのやりとりをしておくと、時間を間違えたりすることが防げるのでオススメです。

3. いざ、レッスンへ

まずは海辺にボードを置いて、「パドリング→ボードの上に立つ」という練習をします。

その後、インストラクターと共に海に入り、実際にサーフィン開始です。

インストラクターが波が来たタイミングで「パドル!」「スタンドアップ!」と声をかけてくるので、それに合わせてボードの上に立ってバランスをとることができれば、アナタも立派なサーファーです笑。

タイミングはインストラクターが指示してくれますし、波が来たタイミングでボードを押してくれるので、立つのはそんなに難しいことではありません。僕はすぐに立てましたし、周りを見ていても、そんな感じでした。

持ち物 / 服装

f:id:rio-log:20191026132331j:plain

持ち物ですが、何も持っていかないのが一番です。というのも、海辺にはロッカーなどがほとんどないからです(Cloud9の桟橋のところには一応あります)。

携帯電話や財布、部屋の鍵などは全てホテルに置いていきましょう。なので、日焼け止めも、ホテルを出る前に塗っておいてください(ボードに寝そべっていると、背中を中心に日焼けしますので、日焼け止めは必須ですよ!)。

服装ですが、水着 + ラッシュガード or Tシャツ + サンダル でOKです。更衣室などはないので、水着に着替えた状態で出発しましょう。海に入る際は、Tシャツやサンダルは海辺に置いていくことになります。

ちなみに僕はサーフィン後に写真を撮ったり、近くで朝食をとりたかったので、防水バッグにスマホや財布、カメラを入れて、海沿いの木に吊るしておきました。目立つように置いておけば、盗まれる確率は低くなるし、サーフィン中にも目が届くからです。

おわりに

以上、シャルガオ島でのサーフレッスンについてでした。

何か質問などがあれば、コメントやTwitterでご連絡ください!