Rio Blog

世界のどこかでゆるく生きるためのライフハックブログ

【ニュース】2020年のフィリピンへの旅行・留学は無理かもです

f:id:rio-log:20200502174333p:plain

フィリピンのセブ島に住む僕が、定期的にニュースを発信したり、解説します。

今回のトピックは、フィリピンへの旅行や留学が可能になるのはいつか?です。

結論から言うと、2020年は無理かもしれません。

フィリピンへの旅行&留学

本題に入る前に、フィリピンってどういうところなのか、簡単に解説します。

観光地としてのフィリピン

f:id:rio-log:20200502165641p:plain

おそらく多くの方が、フィリピンと聞くと「キレイな海やリゾート」「夜遊びや風俗」をイメージすると思います。

実際、どちらも観光業の大部分を占めているでしょう。キレイな海というと、セブやボラカイ、エルニドなどが有名ですし、夜遊びというと首都マニラやアンヘレスが知られています。

留学先としてのフィリピン

f:id:rio-log:20200502163137j:plain

フィリピンでは英語が公用語になっていることから、セブを中心に語学学校が多くあります。生徒は若い日本人や韓国人がメインで、その他アジア圏や中東、ロシアなどからも留学生が来ています。

「マンツーマンでレッスンを受けることができる」「アメリカやイギリスに留学するよりも、費用を安く抑えることができる」「日本から比較的近く、気候もよい」「週末はビーチなどで遊ぶことができる」といったメリットもあります。

現在のフィリピンの状況

f:id:rio-log:20200502165716j:plain

首都マニラや、セブなどの多くの都市がECQ(Enhanced Community Quarantine, 強化されたコミュニティ隔離措置)という状態に置かれています。

つまり、実質的なロックダウン/都市封鎖ということで、具体的には下記のような措置が取られています(地域によって多少は状況が異なります)。

  • 外出制限、都市間の移動制限
  • スーパー、薬局、病院などのみ営業
  • 語学学校を含めた全ての学校が閉鎖
  • 飛行機は大幅な減便、もしくは欠航

語学学校は閉鎖されていて、生徒はおらず、新規の募集もしていません。仮に募集していたとしても、いつから再開できるという確証はない状況です。

観光地も同じような状況で、地元民以外の立ち入りを禁止していたり、ホテルも閉鎖したり、宿泊者の受け入れを制限しているものと思われます。 

飛行機に関しては、例えばマニラ-セブ間は一切飛んでいません。マニラ-成田便は今も飛んでいますが、マニラからの移動が非常に困難ですね。

フィリピン観光省の会見

5月1日(金)のフィリピン観光省の会見について紹介します。 

ソース: philstar - DOT to focus on domestic tourism market

MANILA, Philippines — The Department of Tourism (DOT) will focus its recovery efforts on the domestic market before targeting international markets, given travel restrictions around the world and the reluctance of people to travel due to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic.

フィリピン観光省(DOT, The Department of Tourism)は、国際市場の前に、国内市場の回復に注力する。(後略)

“Travel will not revert to normal right away, even if the ECQ (enhanced community quarantine) has been lifted. Some LGUs (local government units) will not yet be open to visitors from other places, and international travel might not yet happen within the year, pending travel restrictions of other nations,” Puyat said.

ECQが解除されたとしても、すぐに観光業が通常に戻るわけではない。(中略) おそらく国際旅行は今年中は解禁されないだろう。

旅行も留学も2021年以降か…?

つまり、フィリピン観光省としては「まずは国内の観光産業の復活に集中し、国際線で他国から観光客を受け入れるのは来年以降になりそうだ」という見解を示しています。

留学生というのは観光客ではありませんが、観光ビザで入国し、学生としての許可(SSP)を取得するのが一般的ですので、今後はこれまでのように入国できるとは限りません。

というわけで、2020年内のフィリピンへの旅行や留学は、無理だと思います。

(もちろん、労働ビザを持っている場合や、フィリピン人の配偶者がいる場合などは、フィリピンと他国を行き来するのは可能になるかもしれません。)

おわりに

コロナウイルスの影響で、日本やフィリピンを含めて世界はすっかり様変わりしてしまいましたね。

留学や観光にまつわるビジネスをしている人は、本当に大変だと思います(もちろんそれ以外の産業もですが…)。

僕の仕事もネガティブな影響を受けていますし、プライベートに関しては休みをとって旅行したり、日本に帰国するといったことができない状況です。

と言っても、できることは粛々と目の前の仕事をこなしつつ、自己投資に励むのみ。

コロナが収束して自身が活躍する未来を目指して頑張りましょう!